イモビライザーのトラブルで困った!を解消するサイト

車の鍵トラブルはこれでOK!イモビライザーの基礎知識と対応法

サイトマップ

HOME » いまさら聞けないイモビの質問箱 » どうやって付いているかを確認するの?

どうやって付いているかを確認するの?

イモビライザーとは

イモビライザーとは、自動車防犯防止システムのことです。自動車のキー内部にIDが組み込まれ、専用のキー以外ではエンジンが始動できない仕組みになっています。

また、イモビライザーは、遠隔操作でドアを開閉するリモコンキーと組み合わせて用いられます。

イモビライザーの確認方法とは

イモビライザーの確認方法とはイモビライザーキーは、一見しただけでは通常の鍵と見分けが付かないのが普通です。

そのため、自分の車にイモビライザーが装着されているかどうかを知らないドライバーも少なくありません。何も知らずに町の合鍵屋さんでスペアキーを作ってもらったらエンジンが掛からず、トラブルに発展してしまったという例もあります。

イモビライザーキーの判別のためには、トランスポンダー判別機という専用の機器が必要。そして、判別機を常備している合鍵屋さんはまだ少ないのが実情です。

それでは自分の車がイモビライザーを装備しているか、どのような確認方法があるのでしょうか。

■インジケーターランプの点滅

イモビライザーが装着された車種の多くには、メーター周りにインジケーターランプが取り付けられています。

これはイモビライザーと盗難防止アラームを連動させて、不正にエンジンをかけようとすると警告音が鳴る仕組みで「イモビアラーム」とも呼ばれています。

イモビライザーの確認方法は点滅しているかをチェックインジケーターランプは、駐車中にキーが差し込まれていない状態では点灯または点滅し、その車がイモビアラーム装着車であることを知らせて盗難防止効果を高める働きをしています。

この点滅するランプは、「鍵のマーク」や「SECURITY」の文字の場合が多いようです。
キーを抜くとマークが点灯または点滅するため、確認方法としては最も簡単です。

ただし一部の車両では、盗難防止装置がイモビライザーと同じように点滅する場合や、イモビライザー装着車でもインジケーターランプが取り付けられていないものもあります。見分ける目安にはなるものの、一概に断定することはできません。

キーの種類と名称

イモビライザーを知っている人でも、メーカーなどによって呼び方の種類があることを知っている人は意外に少ないのではないでしょうか。

鍵のことは鍵屋に任せるのが一番ですが、イモビライザー確認方法の一環としてそれぞれの違いを簡単に把握しておきましょう。

■リモコンキー

ワイヤレスキーとも言います。

鍵を差し込まずにドアロックの開閉ができる装置のことで、エンジンの始動には従来通り機械式の鍵を使用します。

■イモビライザーキー

トランスポンダーキーとも言います。略してイモビキー、トラポンなどと呼ぶこともあります。

キー内部に記憶されたIDと車本体の制御装置に組み込まれたIDが一致しなければ、エンジンが始動しない仕組みです。

それ自体にはドアの開閉機能などがないため、リモコンキーと組み合わされる場合が多いようです。

■スマートキー

ドアロックの開閉もエンジン始動もワイヤレスで行える仕組みのことです。

トランスポンダーを埋め込んで、イモビライザー機能を持たせたものがほとんどのようです。
※「スマートキー」は各メーカーで名称が異なることがあります。

  • トヨタ「スマートエントリー」
  • 日産「インテリジェントキー」
  • ダイハツ「キーフリー」
  • ホンダ「スマートキー」
  • 三菱「キーレスオペレーション」
  • スズキ「キーレススタート」
  • マツダ「アドバンスキー」
  • スバル「キーレスアクセス」)